web動画とは、ホームページ上に動画を掲載して、自社のマーケティングに活用する広告宣伝の一つの手法として、最近、多くの企業で使用されています。

web動画は、Youtubeやニコニコ動画など大手のweb動画投稿サイトなどで比較的簡単に公開できるサービスを使用したものや、企業が独自で自社のホームページに動画を掲載するケースとがあります。

web動画を作成して、ホームページにアップするまでの流れを記載します。

Youtubeやニコニコ動画などに動画を投稿するには、作成した動画のファイル形式を、低圧縮形式のAVIやCuickTime、高圧縮形式のMPEG2やWMV、FLV、MPEG4にして保存します。

投稿サイトにアップロードする場合には、時間が短縮されます高圧縮形式を使用する場合が多いです。

投稿サイト側でFLV形式に変更されて、掲載されることになります。

FLV形式のファイルは、特定のOSやブラウザに依存せず、また、ストリーミング配信という技術が利用でき、全ての動画データを受信してから再生するのではなく、データ受信した一部の動画から再生が開始できるので、ユーザが少ない待ち時間が視聴ができるというメリットがあります。

自社で、ホームページに動画をアップする場合には、投稿サイトと同様に、FLV形式またはWindowsパソコンに標準装備されているWindowsMediaPlayerソフトで見ることができるWMV形式とすることが必要です。

ダブリュCMの動画・映像制作のサービスや料金はこちら