youtubeは最も有名なインターネット動画サイトです。
ユーチューバーなる職業が出来る程の人気サイトであり、マスメディアでもその名前が広く取り上げられる社会的影響力が大きいメディアとなりました。

youtubeは企業や組織にとって、最高の宣伝媒体です。
動画コンテンツを制作し、アップロードする事でサービスや団体の理念を世界に向けて配信出来ます。
ローコストで商品PRができ、一度動画をアップすれば、細かくメンテナンスする必要もなく、維持費も格安です。
大企業の大多数がyoutubeを活用しており、商品の魅力をダイレクトに伝えられるため、
ネットのPVを見て商品やイベント参加の決断をするネットユーザーも珍しくありません。

ただ動画広告をそのサイトにて行う事にはいくつかのデメリットが存在します。
第一のデメリットとしては、世界に映像を配信するわけですので、良いも悪いも反響が絶大になります。
PVを見たユーザーからの電話やEメールが殺到する等、嬉しい悲鳴に悩まされる企業や組織も多いです。
また些細なデメリットとしては、アップしたPVがSNSユーザー等に拡散され、
これもまた良いも悪いも「ネタ」にされやすく、無断で映像が保存され、俗にいうMAD映像が作られる等のリスクも出て来ます。