今では多くの若い方を中心としてWEBでの動画配信を楽しんでいる方が多くいらっしゃいますが、そのような方々は、テレビを観る代わりとして利用されている方もいらっしゃいます。

従来の映像配信方法は電波による配信方法となっており、それがテレビ放送に該当しています。

現在でも多くの方が利用されているものですが、今後はWEBでの動画配信が中心となっていくことが考えられています。

何故ここまで考え方が広まっているのかということですが、それは従来のテレビよりも利用の仕方が多様化し、更にいつでもどこでも好きなだけ観ることができるというメリットが挙げられるからです。

今でもこのような使い方をされている方が多くいらっしゃいますが、わざわざデータをダウンロードして持ち歩かなくても、観たいと思った時にすぐにストリーミング方式によってデータを得る事ができ、それと同時進行で作品を観ることができるようになります。

今までは何らかの媒体に映像の記録をしておき、それを持ち歩いて再生器機によって映像を観ることとなっていましたが、これからはデータが欲しい時には、クラウド上にあるものから得る事となります。

そうしますと、自分の手元には記憶媒体を持つ事が不必要となる他、配信する側に取りましてもデータを安全に保管できるメリットも同時に持ち合わせる事になります。

ストリーミングの速度はまだ十分でないため、これからはこのような課題を解決することで、更に利用促進が見込まれるでしょう。