インターネット回線を利用した新しいサービスとしまして、ビデオ配信の需要が近年高まっている傾向にあります。

このサービスを利用する為にはインターネット回線が必要となりますが、無理にそれは有線でなくても良いということであり、スマートフォン等の持ち運べる端末で、かつ電波を利用したデータのやり取りができる機器であれば、所構わずご自分の希望する映像作品を見る事ができます。

ビデオ配信が普及してきたとは言え、その普及率は既存のテレビ放送のそれと比較してみますと、まだまだ少ないと言わざるを得ないでしょう。

しかし電波放送とインターネット回線を利用した配信方法とでは、その利用方法やメリットとなる事が大きく異なります。

特にインターネット回線を利用する場合には、ただ単に動画のデータを受信するだけではなく、逆にこちらからデータを送る事も可能となります。

いわゆる、双方向のやり取りができる事がメリットであり、このような特徴を利用したサービスを開発することによって、私たちの中に隠れているニーズに応える事ができるとも考えられています。

またデータのやり取りは基本的にはストリーミング方式を採用している事から、データを受信しながら映像を直ちに流す事ができますし、また受信する側もそのデータを保存する事はできないような仕組みにもなっています。

著作権の保護に対しても有効性のあるサービスである事から、今後も普及する事が見込まれているサービスとなります。