カメラに関する事としまして、映画にはこの言葉に対して幾つかの考え方があります。

カメラを操る事を仕事となさっている方がいらっしゃいますが、そのような方を属にカメラマンと呼ぶ事が多くあります。

ところが、中にはキャメラマンという事を言われる方もいらっしゃいます。

これらはどちらとも同じ事を指しているように思えるものですが、実際には大きな違いがあります。

それらを簡単に考えますと、カメラマンは静止画の撮影を担当している方を指す言葉となっていますが、それに対してキャメラマンとは動画を撮影する事を担当している方であるという解釈ができます。

映画の製作に当たりまして、それぞれの役割が違うこととなるのは明白です。

カメラマンは静止画の撮影ですから、主にポスターなんかの宣伝用の画像を撮影するような事が具体的な仕事内容であると言えるでしょう。

実際にスクリーンで見るような映像を撮影するような、いわゆるキャメラという装置を利用して、俳優さん達の演技を動画撮影するのがキャメラマンの仕事となります。

このどちらの仕事も重要でありますが、一般的なイメージではキャメラマンの仕事が重要であると思われることでしょう。

しかし、もし素晴らしい映画が出来上がったとしましても、観客の動員がなければ全く意味がありません。

従いまして、観客の動員を促す効果をもたらすカメラマンの仕事も重要である事が考えられ、お互いが連携するような仕事をする事が大切です。