映像作品は世の中に数多くありますが、どの映像作品におきましても、それを一から製作を始めて完成するまでに持って行くには、少人数でできるような作業ではありません。

私たち一般の観客からは見えない部分で色々な方が関わっている事となっています。

作品を作り上げる事に対して、自分が持っている特殊技能を用いてその作業に加わる方をスタッフと呼び、一つの映像作品の中にはたくさんのスタッフが関わっているという事が考えられます。

その中でも撮影に関わるような方々を撮影スタッフと呼んでおり、撮影スタッフの中でも役割が更に分けられています。

実際にどのような方が関わっているのかと言いますと、まずは映像を記録するキャメラマンと呼ばれる方がいらっしゃいます。

この仕事をされる方が、まさに映像作品の中核を成す方であると考えられます。

その他にも照明技師や録音技師と呼ばれる方もいらっしゃいますが、照明技師はキャメラマンにはなくてはならない存在であり、映像の見た目を直接左右させるような大切な役割を果している方です。

録音技師も音声に関わる仕事として、観客を感情移入させる事ができる効果を発揮させるために必要となる仕事です。

その他には、俳優さん等にどのような衣装等を合わせるのかを考えるデザイナーやスタイリストと呼ばれる方、出演者の髪型を決めてそれを形にしていくヘアメイクのような方々も撮影スタッフの中の一員であるとして考えられています。