毎日のようにテレビでは、その時間ごとに決められた番組が放送されていますが、その数はとてつもない数となります。

それら一つ一つの番組は色々な方が携わる事で出来上がることとなりますが、どの番組を作り上げるにしましても、多大な努力が必要となります。

実際に番組制作で行われる手順はどのようなものとなるでしょうか。

まずはどのような番組を作るのかという企画から始まりますが、これが基本となってスケジュール等が組まれる事となります。

それらがある程度決まりますと、番組制作に向けての色々な調査が行われることとなり、それに基づいてロケーションハンティングが行われることとなります。

特にこの段階におきまして、どなたかインタビューを依頼する方がいらっしゃいましたら、その方との打ち合わせも事前にしておくこととなります。

大体の打ち合わせが終わりましたらいよいよ収録の開始となり、司会者等が番組の進行を誘導しながら撮影が行われていきます。

無事に一通りの撮影が終わりましたら、今度はその映像を色々と編集する作業へと移行していくことになります。

特にこの段階での映像は、撮影できるだけ撮影している状態ですから、全てに繋がりがあるわけではありません。

それを技術者が映像同士を上手くつなぎ合わせたり、配置を換えたりして、番組に合うような形に仕上げていきます。

テロップを挿入したり、効果音やBGMを加えることで臨場感を出したりします。

このようにして番組を完成に導きます。