最近の企業のホームページには、文字や画像の情報に加え、動画を掲載しているのが目につきます。

これは、ブロードバンドの低価格化に伴うインターネットの普及とスマホなどの情報機器が広く普及してきたことにより、一般ユーザが、好きな時間に自宅に限らずさまざまな場所で、ホームページへのアクセスできる環境になり、文字情報以外に訴求力のある動画のニーズが高まってきて、企業としても、動画制作によるホームページのさらなる活用を図り、自社のイメージアップや自社製品の売り込みに動画を活用してきたからであると思われます。

動画制作をホームページ上に行う用途としては、会社案内、社長のインタビューや対談、イベント紹介、製品紹介、社員教育ビデオなどがあります。

会社案内は、会社の部門を紹介する動画や会社のイメージを短時間にまとめて、映画の予告編のように仕立てて見せ、詳細な会社案内に導くと言った手法が使われる場合もあります。社長のインタビューや対談では、社長みずからステークホルダーの皆さまへのメッセージを直接伝え、社長の考え方を対談という形式で社長の人柄も合わせて伝えることができます。

イベント紹介や製品紹介では、出品したイベントのもようを観客者の目線での紹介や見ただけでは分からない商品の詳細情報の見せ方ができます。

社員教育ビデオでは、例えば、製品の取り扱い方法や製品の特徴や社内規定や社員に周知したい事柄の教育や啓蒙に使用することができます。

ダブリュCMの動画・映像制作のサービスや料金はこちら