社内マニュアルと言えば、紙に文字で書かれた説明書が一般的です。
近年ではデータ化される社内文書も増えて来ましたが、結果的にスタッフへと配布するために電子版からプリントアウトされますので、最終的には紙媒体になります。
紙媒体の欠点は「文字による解釈のぶれ」にあります。

紙のマニュアルを製作する以上、文字による表現に置き換えなければいけません。
社内の機械や仕事内容に詳しいベテラン社員でも、いざ自分が普段から携わっている業務を、文字オンリーに置き換えろと言われたら、至極苦労するはずです。
また製作者が神経をすり減らして客観的な文章で説明文を明記しても、読み手である新人スタッフが恣意的に解釈してしまえば、意図は伝わりません。

そういった欠点から近年では映像制作にて社内マニュアルを製作する企業が増えて来ました。
映像制作の専門企業に撮影や編集を依頼すれば、社内に特別に部署がなくても新人教育向けの動画が作れます。
紙の媒体とは違い、動画には「言葉の解釈による誤解」がなく新人の国語力や経験に依存せず、正しくコーチング出来る効果があります。