企業が自社の製品や、新たに編み出したサービスを顧客に提供していく為には、如何にそれらを知っていただく事ができるかが重要となるのではないでしょうか。その宣伝活動は現在では色々な形で行われていますが、テレビ広告を利用される事は未だに重要な位置づけとなっています。

企業におきましてはテレビ広告を利用する事が決まりましたら、テレビ局と打ち合わせをしてどのようなCMを作るのかを決めることとなりますが、そこで多くの企業が気になることと言えばやはりCM配信費となるのではないでしょうか。

どのような時間帯によって、またはどのくらい宣伝を行うかによってCM配信費は大きく変わってきます。

テレビ広告の中でも、例えばタイムCMの場合の料金は、電波料と制作料、そしてネット費の合計で決まることとなりますが、この金額は一定している訳ではなく、大きく変動することがあります。と言いますのも、そのCMがどれだけ番組の視聴者に対して必要とされているのか、或いは提供しているテレビ番組の視聴者からの評価によって配信費は高額になってくることもあります。

特にゴールデンタイムの配信費はかなり高額になることで有名な話となっています。

その他にもスポットCMであれば、これは完全にテレビ局側が指定するCMとなりますから、テレビ局との打ち合わせで費用を確認する必要があります。ただ、提供する量を企業側は自由に選べますので、予算の範囲内で納めることは可能となります。