テレビの番組を観ていると、特に民放の放送局ではかならずコマーシャルが流れるようになっています。

現在では多くの種類のコマーシャルがあり、またそれらは技術の進歩も伴って色々な視覚効果を私たちに提供してくれるようにもなっていますが、コマーシャルにも制作段階では2種類に分けて作られているということをみなさんはご存知でしょうか。

テレビ広告はその目的に応じて、どちらかの方法で制作をされる事となり、それを選ぶのはテレビ広告を提供するスポンサーが決めることとなっています。

その一つはタイムcmとなります。これは何かの番組をスポンサーとなる企業が提供する形によって制作されるcmであり、民放が放送する番組の冒頭で、何々の提供でお送りいたします、との紹介がなされる企業等が提供しているcmがこれに該当します。

タイムcmを選択する事のメリットとは、その企業が具体的にターゲットとなる方を選別できる点にあります。

どの時間帯のどの番組を提供するかによって、それを観られる方の対象や視聴率が大きく異なってきます

。自社の規模やどのくらい宣伝を行いたいのかを考慮した上で決定することで、時には売上が跳ね上がるくらいの効果をもたらすことがあります。

もう一つの種類はスポットcmというもので、これは完全にテレビ局側がどの時間帯に入れるのかを指定されるものとなります。自社の商品等を広く多くの方に情報を知ってもらいたい時に有効となる方法です。