音楽がお好きな方にとりましてはごく当たり前のことのように思えるかも知れませんが、音楽に対してあまり興味を持たれていない方にとりましては、その違いが分かりにくかったりするかも知れません。

それはミュージックビデオのことで、最近ではよくテレビでも放送されるくらいのものですから、どなたも一度は観たことがあるでしょう。

これは音楽に関する映像作品の事を指す言葉として知られていますが、日本国ではプロモーションビデオという名前でも知られています。

現在ではミュージックビデオという名前でも言われる事が多くありますが、元々は海外で使われている言葉となります。

この映像作品は、特にミュージシャンにとりましてはとても重要な位置づけをしているものとして知られています。

少し以前の音楽シーンはレコードの販売が主となるようなビジネスモデルでしたが、ある時を境にミュージックビデオを取り入れた販売戦略に出るようなアーティストが海外でみられるようになってきました。

それまでは聴くことしかできなかった音楽が、映像がある事によって、その音楽の持つ世界観を簡単にリスナーが感じ取ることができるようになりました。

それが切っ掛けとなってレコードの売上が一気に伸びるという事に発展していきました。

そのような影響が今日まで続いており、国内では今でも多くのアーティストが新曲を発表する度に、このような映像作品も手掛け、リスナーの共感を呼ぶことによって販売数を伸ばそうとしています。