テレビの番組や映画等の映像作品には、必ず出演されている方がいらっしゃいますが、そのような方々を総称して演者と呼ばれる事があります

。ただ演者と言う言葉からは、どうしても舞台等のような場所で演技をされるような方のことを指すようなイメージを持たれる事が多くあるのではないでしょうか。

ところが実際にはそうではなく、広い意味でその映像作品中に出演されている方々全てを指して言われる言葉となっています。

これを更に詳しく考えてみますと、まず映像作品にも様々な種類の物があり、それによって出演される方々の役割も大きく異なってくる事になります。

例えばその映像作品がバラエティであれば、出演される方はタレントさんやコメンテーター、その他にも歌手の方もこれに該当します。

変わって映像作品がドラマや映画の場合には、大幅に出演される方の特徴が変わってきます。

このような作品に登場されるのは、男性は俳優、そして女性は女優という名前で、登場人物の演技をされるような方がまず考えられるでしょう。

特に映画ではこのような方々が作品中の重要性を多く占める事となりますが、その他にも脇役になるような方も多くいらっしゃいます。

特に時代劇なんかでは悪役や、ほんの一瞬だけしか登場しないような役の方もいらっしゃいます。

また場合によりましては、一般の市民がエキストラとしてその作品中に登場されることもあります。この場合は、登場する人数がかなりの数になる事もあります。