一つの映画の中には様々な効果が取り込まれていますが、その中でもまず第一に注目される事は、その映画を見た感じが良いかどうかという問題になるでしょう。

同じ場面を見るにしましても、その場面がどのようにスクリーンに現れるかによって、それを見る方の印象がかなり大きく変わってくるものとなります。

その効果を出しているものが照明の技術となり、その映画の中での様々な照明効果を生み出す仕事をされている方がいらっしゃいます。

それが照明技師と呼ばれる方となり、どの映画にも必ず裏方として活躍されています。もしこの照明技師がいなければ、全く照明を当ててくれる方や、その場面に合わせた照明を考える方もいないということになり、結果的に出来上がった映像を見てみますと、かなり完成度の低いようなものになることが分かります。

照明技師がいて、その場面に対する最善の照明効果を取り入れる事で、作品がより引き立つということになります。このように、作品に対して直接影響を及ぼすような効果を生み出す仕事をすることになり、またどのように光の加減をしていくのか、そしてそれによってその場面が見る方に対してどのように映っていくのかを考えていく必要があります。

このような効果をある程度予測しておき、それを撮影時に的確な結果として出していく事が求められることになります。従いまして、実際にこの仕事の内容としましては、かなりの難しさがあると考える事ができます。