コマーシャルを私たちが観る機会は非常に多く日常生活上ではあります。コマーシャルはCMと略されて表現される事も多くありますが、という言葉を聴きますと、その多くがテレビコマーシャルを思い浮かべるのではないでしょうか。

勿論それもありますがCMの元々の意味はかなり広く使われており、企業が商品やサービスを顧客に対して行う宣伝の全般的な事を指しています。

しかし現在ではテレビコマーシャルがCMの代表として認知されている事が多くありますが、これはよく番組ないでCMという表現方法を出演者等がされることから、視聴者が自然にそのように思われるようになってきた経緯があります。

しかし、特にテレビコマーシャルのような動画を用いて宣伝を行うものは、本来はCFと表現されることが正しいものとなります。

CFとはコマーシャルフィルムの略称であり、それをそのまま日本語に訳してみますと、テレビコマーシャルのようなものに該当する事が分かるでしょう。

このように、本来ならばCMとCFの違いがしっかりと区別されていながらも、実際にはCM一本に統一されて表現されていることが現状なっています。

ただこのようなことは、便利上では非常に良い効果をもたらすことが考えられます。

本来のCMとCFの違いを区別するように日常生活でも使われていたとしましたら、きっとややこしく感じる事が想像でき、そのような事を考えますと現在のCMの使い方は理に適っていると言えます。