テレビだけではなく、ラジオの放送なんかでも脚本家という言葉を耳にすることが多くありますが、よく聞かれる言葉ではありながらも、その詳しい意味までは分かっていない方も多いのではないでしょうか。

映像関係の作品に対する脚本、その他にもラジオドラマなんかの脚本を書くような方も、この脚本家に当てはまります。

そもそも脚本とはどのようなものかと言いますと、英語ではよくシナリオライターとして言われますが、この言葉も頻繁に聞かれる言葉なのではないでしょうか。

実はシナリオライターも脚本家も、意味的には同じであったという事になります。シナリオライターのシナリオという部分が脚本に該当し、それは物語の大まかな筋道を記したものとして認知されています。

これは完全なストーリーになっている訳ではなく、人間で言いますとあくまでも骨格の部分であると考えられます。

骨の部分だけであって肉付けはされていない状態、しかしながら物語の大体の方向性は示されているもの、という解釈ができるでしょう。

このようなものが脚本であり、これを作る仕事をされている方が脚本家です。

ただ、その仕事のやり方は一辺倒ではなく、発想次第で色々なやり方ができるようにもなります。

自分ひとりで最後まで脚本を仕上げていかれるような方もいらっしゃいますが、中には数人で脚本の製作に当たる方々もいらっしゃいます。

このような仕事のやり方から、その方の考え方を伺い知ることもできます。