日常的にテレビを見ている方は非常に多くいらっしゃいますが、私たちがテレビ番組のような映像作品を普通に見ることができるということは、実は普通ではないと考えることもできます。

と言いますのも、その完成されたテレビ番組を作るまでには、製作を担当している方の様々な努力があってこそとなるからで、その良い一面だけを視聴者は見ていることになっています。

なかなか裏側の事情や仕事の事にまで考えが回る方は少ないかも知れませんが、実際にはそのような事が多くあります。映像番組を完成形に近付ける作業をしている方が動画編集者と呼ばれる方々で、このような方の努力によって、それまでの全くまとまっていないものが一つにまとめられる事となります。

まず映像にしましても、カメラマンが撮影してきた映像はどれも断片的なものばかりとなります。

それを動画編集者が一つずつ丁寧に解釈し、どれとどれをつなぎ合わせるかで前後の流れを作りだす事ができるのかという事までを考えていく仕事となります。

その他にもテロップを番組中に入れることによって、その映像の意図が視聴者にとって理解しやすいものになるように工夫をすることも求められています。

特に最近の番組中に登場するテロップにも様々な種類がありますが、昔のものよりもより見やすく、そしてその場面に適したデザインのテロップが表示されるようにもなっています。このようなことが動画編集者の仕事内容として考えられます。