映像製作の仕事の中に、ADという職種に携わっている人がいます。

ADとは、アシスタントディレクターの略称を言い、アシスタントディレクターは、放送局の番組製作の中での演出部門の仕事をしており、演出部門の責任者であるディレクターを補助する立場にいます。

ADの所属は、テレビ局の社員である場合や番組制作会社の社員である場合や専門の会社からの派遣社員やフリーで活動している場合があります。

仕事の内容としては、通常、テレビ番組には複数の人員が配置され、それぞれ、撮影機材の手配や番組に使用するセットの手配や、ロケであれば、現地を取材したり、撮影をしても良いかの交渉をしたりします。

また、出演者への弁当を配ったりと、番組制作にかかわる種々な業務に携わっています。

このような業務をしながら、ディレクターの仕事を学んでいくことになります。

ディレクターからの指示で動くこともありますが、ディレクターが演出する意図を読み取って、自分から行動することも求められる場合もあります。

放映時間が決まっている番組では、時間が制約されている中で業務をこなして成果を上げる必要があるため、大変ハードな仕事の一つであると言われています。

良い番組制作を行うには、当然、ディレクターの演出が第一ですが、その演出の質を上げるためには、ディレクター演出に専念できる環境が必要であり、その環境を整えるのがADの仕事ですので、非常に重要なポジションであると思います。

ダブリュCMの動画・映像制作のサービスや料金はこちら